お勧めの「足もみ」

 

お勧めの「足もみ」の考え方

足もみ=東洋医学+反射区理論足もみ=東洋医学+反射区理論

 西洋医学の「反射区理論」だけでなく、「東洋医学」の「観趾法」などの考え方も含めて施術する方法です。

 

お勧めの刺激方法

早い刺激方法ではなく、ゆっくりと刺激し、持続圧(押した状態で止まる)を用いた刺激。

  足ツボの施術とは異なり、面での持続圧を用いた刺激こそが人間の本来もつパワーを引き出します。

持続圧が自然治癒力UP持続圧が自然治癒力UP

 持続圧を用いた施術は棒のような鋭い痛みは発生しにくく、リラックスしやすい施術になります。

つまり、足もみ施術は副交感神経を優位にすることが可能です。

 


 

足もみ効果

施術前後でこんなに違います!

足もみ(足つぼ)効果足もみ(足つぼ)効果

 

足浴した状態より、さらに血流がよくなっているのが写真からわかると思います。

親指の爪の色もピンクになり、足もしっかり温まりました。

あなたもこの施術で実感してくださいね。

 


 2018.9.18 更新

 


 【足もみ情報サイト】 足もみてっちゃん 

 オフィス&イベントへの出張足揉み&教室 行っています。

 詳細は「出張サービス」をチェック 

院長 宮田徹也

メール  techan@asimomi.jp

電話     050-3177-4237

2018.10.17  更新

お勧めの足もみ方法