★★ 「足もみ」について  ★★


  本院の「足もみ」を一言でいえば

足もみ=東洋医学+反射区理論足もみ=東洋医学+反射区理論

という事です。

 

西洋医学の、「反射区理論」だけでなく、「東洋医学」の「観趾法」を用いて、施術「足もみ」をしています。

だから、あえて、「足もみ」という言葉にこだわりを持って施術をしています。

 

持続圧を用いて施術を行っているのも「持続圧」こそが人間の本来もつパワーを引き出してくれると信じているからです。

 

持続圧が自然治癒力UP持続圧が自然治癒力UP

 

持続圧を用いた施術は棒のような鋭い痛みは発生しにくく、リラックスしやすい施術になります。

つまり、足もみ施術は副交感神経を優位にすることが可能です。

 一度ご体験ください。

 

 ネット予約で「初見料」無料

 


 

足もみ効果

施術前後でこんなに違います!

足もみ(足つぼ)効果足もみ(足つぼ)効果

 

足浴した状態より、さらに血流がよくなっているのが写真からわかると思います。

親指の爪の色もピンクになり、足もしっかり温まりました。

あなたもこの施術で実感してくださいね。

 ネット予約で「初見料」無料

 


 

★足もみてっちゃん3つのこだわ り★

(1) ”足もみ”という言葉にこだわりま す
 足を揉むという行為はリフレクソロジー、足つぼ、足裏マッサージなど各種表現があり

 ”リフレクソロジー”はソフト、”足つぼ”は強い施術と言った固定概念があるのも現実。

 人に合わせて施術する”これが一番大事な事

 だから、あえて”足もみ”という言葉にこだわります。

注:人の好みに合わせて施術するという意味ではありません。

(2) ”持続圧”を使った施術にこだわり ます
 台湾式のように、強くこすると細胞を傷めてしまいます。
余計な痛みと余計な修復が必要です。

 強くこすらず、じっと待つ刺激が有効です。

 反射的な刺激より、継続的な刺激のが奥まで届きリラックスできます。
 奥まで届いた刺激は、その効果に持続力を持ちます。
 持続ある効果にするために、持続圧を使った施術にこだわります。

(3) 足を観察することにこだわります
  足を観れば健康状態がわかるもの!
  中国四千年の歴史(観趾法)も教えてくれています。
  施術の前にわかれば、施術のポイントも間違えることがなくなります。

        施術の理想は

        観て 想像して
        触って 確かめて
        押して 確信する
    これを目指して頑張っています。

 

 ネット予約で「初見料」無料


 <施術後のお茶>

 足もみを体験いただいた方、全員に老廃物の排出を促すために、お茶(決明子)を飲んでいただきます。

施術後のお茶(決明子)施術後のお茶(決明子)

決明子は「目の疲れ」「目のかすみ」に良いと言われているお茶で、胃腸の働きを高め肝臓を助けると言われています。

癖はほとんどなく、飲みやすいお茶です。

本院でも人気のお茶で24パック 1300円にて販売しています。

 


<初めての方には足もみグッズ>

 

本院では、初めての方に対して、施術後に足もみグッズをお渡ししております。

初めての方への「足もみグッズ」初めての方への「足もみグッズ」

 

 自宅で、足を刺激するのに、簡単にできるので、評判です。

ボールは檜なので、冷たくなく、使い心地はいいですよ。

 


 2017.4.19 更新

 


 【公式サイト】足もみ(足つぼ)専門 足もみてっちゃん

名古屋市天白区 植田駅前 月曜休み 052-806-0237

植田駅前で17年 肩こり・腰痛・不眠など各種症状にお悩みの方一度お試しください。

ネット予約はこちらから

本院の足もみについて