★アトピー性皮膚炎を足もみで改善★

一番は触らない事!!
なかなかできないのがつらいですが、触るのが一番いけない事です。

触ることで、菌が皮膚に入り余計にかゆみが増してしまいます。

寝ている時に、ひっかいてしまうので、手袋やバンドエイドで、爪を保護するのも一つの方法です。

とにかく、爪でひっかかない事が大事です。

皮膚温度の低下も治りにくくしている原因の一つです。

 

アトピー性皮膚炎に有効な反射区(足つぼ)

 アトピーに効く反射区アトピーに効く反射区

 

「足裏」
 副腎     炎症を抑えます。
 副甲状腺   炎症を抑えます。
 腎臓     体の老廃物を出します。
 肝臓(右足) 体の毒素を取り除きます。
 小腸・大腸   体の冷えをとり、パワーをアップ(オレンジ)

「甲側」
 上半身リンパ 上半身の気のめぐりを高めます。(オレンジ) 
 下半身リンパ 下半身の気のめぐりを高めます。(オレンジ)

「赤色」が基本になります。


皮膚の炎症をとり(副腎、副甲状腺)、老廃物(毒素)を取り除く(腎臓・肝臓)ことが一番です。

東洋医学では皮膚は肺に管理されています。
肺は気のめぐりを管理します、すなわり全身の表面(皮膚)も管理すると考えられています。

すなわち、リンパも刺激するとよいことになります。

また、アトピーの方はかなり冷えをもっている方も多いので、小腸・大腸も次に重要な反射区となります。

 

<症状別一覧に戻る>


 2016.12.22 更新 足もみてっちゃん 宮田


 【公式サイト】足もみ(足つぼ)専門 足もみてっちゃん

名古屋市天白区 植田駅前 月曜休み 052-806-0237

地下鉄 植田駅前で18年 肩こり・腰痛・不眠など各種症状にお悩みの方一度お試しください。

ネット予約はこちらから

アトピー性皮膚炎