★ モートン病の原因と対策 ★

 ◎ モートン病とは?

 モートン病で痛みが多い場所モートン病で痛みが多い場所足の裏に痛みが出る症状で、痛い場所は指の付け根の関節付近。

 一番多いのが、薬指と中指の関節の間です。

 他にも、中指と小指の間や、 人差し指と中指の間も普通にあります。

 女性に多いこともあり、ハイヒールを使用するとなりやすいとも言われています。

 痛みの原因は関節付近の靭帯と地面との間で負荷が多くかかり、神経に痛みがでる症状です。

 症状がひどくなると、コブのようなものもできてしまい、手術が必要になる場合もあります。

 歩くこともままならない状態になることもあります。

 

 

 

◎ モートン病の対策

 モートン病は爪先よりに重心がのってしまう事が原因となります。

 爪先よりに重心がかからない工夫をすることが痛みを和らげるのが改善の第一歩となります。

 

★ 「浮指」改善でモートン病を撃退!

 足の指を地面に着けることを意識することで、荷重の分散をはかりましょう。

 モートン病の原因として、「浮指」もあります。

 浮指があると指の付け根に負担がかかり、モートン病の原因に!

 「浮指」対策して、モートン病からの脱却を!

 足指を内側に曲げるトレーニング(タオルギャザー)と甲側のストレッチを行う。

 タオルギャサータオルギャサー足の指の甲側ストレッチ足の指の甲側ストレッチ
 
 

 

 

 

 

 

 

詳細は「浮指の原因と対策」を参照してください。

 

★ 立ち方を治してモートン病を撃退!

 立ち方が悪いと、重心が踝(くるぶし)の下ではなく、つま先よりになってしまいます。

 重心が前になれば、モートン病の発病リスクも高くなります。

 正しい立ち方を身に付けて、発病リスクを減らしましょう。

 正しい立ち方正しい立ち方
 正しい立ち方は人差し指を正面に向ける立ち方です。

 人差し指と中指の間と踵の中心を結んだ線が平衡になるように立ちましょう。

 詳しくは、正しい基本の立ち方 を参照してください。

 

★ 足裏を揉んでモートン病を撃退!

 足の裏全体をしっかりと揉むことで、モートン病から脱却しましょう!

モートン病で押して痛い場所は強くは揉まないようにしてください。

足裏を柔らかくすることで、モートン病が改善できます。

足裏を揉むには、ボールがお勧めです。サイズは30~35mmがお勧めです。

詳しくは 「足もみボールの使い方」を参考にしてください。

 

★ 土踏まずを形成してモートン病を撃退!

土踏まずがないと、足裏のクッションがない状態になるので、足裏の負担が増してモートン病に。

足裏の代表的なアーチを形成してモートン病の改善に役立ててください。

お手軽な方法はティッシュを1~2枚を土踏まずに当てるだけです。

折りたたんだティッシュを土踏まずに当てて、靴下を履く。

たったこれだけです。これだけでも、 アーチの形成に役立ちます。

洗濯機に靴下を入れる時には忘れずにティッシュを取り除いてね!忘れると大変な事になります。

 

★ サポーター(シンデレラ)を使用する!

シンデレラサポーター装着時サポーターを使用するのも一つの方法です。

私がお勧めしているサポーターはシンデレラです。

本来は外反母趾・内反小趾用のサポーターですが、アーチの形成に役立つサポーターです。

実際にこのサポーターでモートン病が改善された方もいます。

左右のバランスを崩さないためにも、両足での購入をご検討ください。

シンデレラサポーターの詳細はこちら

 


 

2017.2.5 更新


 【公式サイト】足もみ(足つぼ)専門 足もみてっちゃん

名古屋市天白区 植田駅前 月曜休み 052-806-0237

植田駅前で18年 肩こり・腰痛・不眠など各種症状にお悩みの方一度お試しください。

ネット予約はこちらから