★うつ病(精神病)を足もみで改善★

うつ(精神病)に効く反射区(足つぼ)解説

「うつ」など精神病の方に有効な反射区です。 

うつ精神疾患に効く反射区うつ精神疾患に効く反射区

 

 「足裏」
      首の緊張が脳の血流低下の原因に(重要)
  脳下垂体 ストレスの軽減
  副腎   パワーアップ
  腎臓   老廃物の排出をうながす

「甲側」
  横隔膜  呼吸を深くできるように

「内側」
  胸椎腰椎仙骨  中心の緊張をほぐして血流UP

「外側」
  生殖腺  眠りをしっかりするために


以上が「うつ」など精神病の反射区になります。

注意事項としては、薬によって刺激が弱く感じる方も多いと思いますが、無理に強くせず、丁寧に刺激することを心がけてください。

また、施術後にだるくなる方も多いと思います。

だるくなる分効いていると考えて、しっかりしげきしましょう。
あまりにもだるくなる場合は、刺激は控えましょう。

先日、TV番組で 「うつ」になりやすい方は首が凝っているとやっていますが、本当にその通りだと思います。

首をしっかり刺激しましょう。

 

<症状別一覧に戻る>

 


2016.12.22 更新 足もみてっちゃん 宮田 


 【公式サイト】足もみ(足つぼ)専門 足もみてっちゃん

名古屋市天白区 植田駅前 月曜休み 052-806-0237

植田駅前で17年 肩こり・腰痛・不眠など各種症状にお悩みの方一度お試しください。

ネット予約はこちらから