★ 肩こりを足もみで改善 ★

 一般的に、肩こりは両肩同じように凝ると覚えておいてください。

 片側ばかり気になる場合は単なる肩コリではない場合が多いです。

 内臓や頸椎が原因の「肩コリ」もあるということです。

 例 胃、肝臓 => 右肩(肩甲骨)
    心臓   => 左肩(肩甲骨)
頸椎ヘルニア => 左右どちらかに症状がでる場合もあります。


また、運動後など心あたりがなくて、肩甲骨あたりが凝る場合は風邪の引き始めという場合もあります。

肩コリと言っても原因はさまざまです。
対処療法としても有効なので、お試しください。

 

まき肩チェック

「まき肩」があると肩こりや首コリを引き起こします。まき肩を治して肩こりもらくにしよう!

 大きな鏡の正面に立ちます。手をぶらりと下げた状態でリラックスします。

 この時、鏡を見て手の甲が見えるかどうか確認します。

 手の甲が見える状態であればこれは「まき肩」の状態。

 猫背や姿勢の悪さ、肩こり、首コリの原因になります。

 腕立て伏せなどで胸の筋肉を鍛えすぎていても「まき肩」なってしまいます。

 胸にある筋肉が凝ることでこの「まき肩」になってしまいます。

 まき肩を治すには「ぶらんぶらん体操」

 

肩ぶらんぶらん体操肩ぶらんぶらん体操

 

身体の正面の肩に大きな骨があります。

左図参照。

ここを押した状態で、手を前後左右ぶらぶらさせます。

この時に、肩に力を入れてはいけません。

リラックスして動かすのがコツです。

反対側の肩も同様に行ってください。

毎日、鏡を見てチェックしてね。

身体のゆがみは簡単な体操でも修正できるものです。

毎日続ける事が大切です。

 

 

 

 

 

肩こりに効く反射区(足つぼ)解説

肩こりと言っても、原因はさまざまなので、ここでは一般的な肩こりについての対処方法です。

肩こりに効く反射区肩こりに効く反射区

<足裏の反射区>
     首のはりも肩こりの原因の一つです。
 僧帽筋  ここが肩こりと言われる部分の筋肉全般です。

<内側>
 頸椎   首と同様に肩こりの原因の一つです。

<外側>
 (関節)肩の関節
 上腕   腕のはりも肩コリの原因の一つになります。
 肩甲骨  ここのはりも肩こりの原因の一つになります。

<甲側>
 肩甲骨  ここのはりも肩こりの原因の一つになります。

以上が肩コリ一般で刺激する反射区になります。

 


 

<症状別一覧に戻る>

2017.3.8 更新


 【足もみ情報サイト】 足もみてっちゃん 

 オフィス&イベントへの出張足揉み&教室 行っています。

 詳細は「出張サービス」をチェック 

院長 宮田徹也

メール  techan@asimomi.jp

電話     050-3177-4237

2018.10.17  更新