★ 腰痛を足もみで改善 ★

 

原因不明の腰痛が大半を占めている現状を知っていますか?

原因がはっきりする腰痛はごくわずかで、原因がわからないほうが多いのですよ。

腰を痛めた後、1週間くらいで治るのが一般的な腰痛です。

長期に痛みがでるのは慢性腰痛となり、なかなか治りずらいと言われています。

日頃の生活習慣を見直して、腰への負担を減らしましょう。

 

 

 

◎腰痛になりやすい人チェック   

 足腰のゆがみを簡単にチェックできる方法を示します。
 一人でもできますのでやってみてください。

<チェック方法1>

足を投げ出して、楽な姿勢で座ります。
この時ポイントは楽な姿勢です。
その時の足の向きをみます。
きれいな「逆ハの字」なら問題ないですが、足の向きが左右対称で ない人、
両足が内側や外側になっていたりしたら、腰痛になりやすいということです。
もしくは、すでに腰痛もちということです。


<チェック方法2>
 壁の正面に立ち、両手をまえにだして、両方の中指の先を壁につけてください。
 その状態で小さく7,8回足踏みをして、楽な姿勢をつくります。
 足踏みが終わった時、足元をみてください。
 両足が、壁に向かってきれいな「逆ハの字」なら問題ないですが、
 左右対称でなかったり、踵の位置が壁と平行でなければ、腰が曲がっている証拠です。
 壁と平行に線があるとよくわかると思います。

 

◎ゆがみ治し体操&ストレッチ>

 <ゆがみ治し体操>

 仰向けに寝転び、膝を立てます。
 気持ちよく、膝を左右に50回揺らします。
 痛みがあるなら、痛みがでない範囲で左右に揺らしてください。
 無理をしないで動かす事これが一番大事です。朝晩2回行ってください。

<簡単ストレッチ>

 両足を投げ出して座ります。
 左足をまっすぐに延ばします、右足はリラックスしてください。
 左足の小指の付根を右手で小指側から掴みます。その状態で10秒キープします。
 足の外側の筋肉が伸びていればOKです。
 これを両足それぞれ、5回を朝晩2回行ってください。

 ゆがみ治しストレッチゆがみ治しストレッチ

 

◎ 腰痛改善体操&ストレッチ

<腰痛これだけ体操!(前に曲げて痛い人)>

 肩幅に足を開いて立ちます。
 お尻の上(ベルトの下)に両手を置き、ゆっくりと手で押していきます。
 気持ちよいレベルで押してください。
 1日に10回程度、気が付いたら行うようにしてください。

腰痛これだけ体操腰痛これだけ体操

 

<腰痛これだけストレッチ>

 足を少し開いてしゃがむ。
 足首の後ろをつかみます。
 おなかと太ももを離さず、膝を伸ばします。
 太腿の裏側が伸びていればOKです。
 息を止めずに、その状態を10秒キープします。
 これを朝晩5回行ってください。

腰痛これだけストレッチ腰痛これだけストレッチ

 

◎ 腰痛に効く反射区(足つぼ)解説

腰痛の反射区腰痛の反射区

足裏の反射区
 小腸 お腹が冷えたり、栄養吸収力を高めるために必要
 腎臓 血液をきれいに
 副腎 痛みを軽減します。

内側の反射区
 胸椎腰椎仙骨 痛みのを軽減に

甲側
 下半身リンパ 下半身の血行を高めましょう
 外坐骨神経  はじくように刺激すると効果的!

外側
 外坐骨神経  はじくように刺激すると効果的!

 

 <症状別一覧に戻る>


 2017.4.14 更新


 【公式サイト】足もみ(足つぼ)専門 足もみてっちゃん

名古屋市天白区 植田駅前 月曜休み 052-806-0237

植田駅前で18年 肩こり・腰痛・不眠など各種症状にお悩みの方一度お試しください。

ネット予約はこちらから