★ 目の疲れに効く反射区(足つぼ) ★

◎目は肝臓

東洋医学的には「目」は「肝」となります。

目は酸素を多く消費する臓器の一つであり、酸素を吸うと視力が上がるとも言われています。

東洋医学では肝は血を蓄える場所であり、目を使う事は肝に負担をかけるという理屈になります。

他に東洋医学の肝は疲労の元締めとも言われ、筋肉を指すこともあります。

※ 東洋医学の「肝臓」は西洋医学の肝臓の臓器とは機能が異なるため、あえて「肝」との記述しています。

 

◎疲れ目簡単解決

 疲れ目の癒し方をひとつ紹介します。

1 両手をこすり合わせます。50回。手の平がじんじんするのを確認ください。

手をこする

 

 2 手のひらを目に近づけます。

   目に触らないようにしてください。

  手のジンジンが目に感じるくらい、ギリギリまで近づけてください。

  このまま、30秒じっとします。

手を目に近づける

目の周りにあるよどんだ気を手の平の気で追い払う感覚です。

これで少しスッキリとすると思います。

 

◎ 疲れ目の反射区(足つぼ)

 

疲れ目の反射区(足つぼ)疲れ目の反射区(足つぼ)

<足裏>

 目 目の状態を向上します。(赤色)

 副腎 炎症をとります。(赤色)

 首・頸椎 頭の血流を上げます。(黄色)

 三叉神経 目の周りの緊張をほぐします。(黄色)

<甲側)

 太衝(つぼ:肝の経絡上のつぼ) 目の症状に

 

◎ お勧めの漢方茶(決明子)

極上 決明子です。

 漢方のお茶になります。

 施術後に提供しているお茶です。

 胃腸の働きを高め、毒素を排出し、肝臓を助けることで、目の状態を改善すると言われています。

 本院で24パック 1300円で販売中です!

 ネットショップでも送料無料1000円(16P)もあります。

 

◎東洋医学「肝臓」の働きを高めるには青の食材

東洋医学の肝臓は「青」。すなわち青色の食材を積極的に食べましょうという事です。

「青色」食材の代表は「青魚」すなわち、EPAやDHAという事。

簡単にとるなら、缶詰がお勧めです。また、ホウレンソウやブロッコリなど緑色の濃い野菜でもOKです。

アオじゃくてミドリでは?と疑いたくなりますが、「青果」と書きますよね!

つまり、「緑」という漢字は昔にはなかったのです。だから昔の青は現在の「緑」でもOKです。

また、目によいと言われている「ブルーベリー」は青といえば青ですが、実際には黒になります。

だったら、黒だから違うと思いますよね?

実は、東洋医学では親と高めると子も高まるという関係があります。

「肝」の親は「腎」です。「腎」を高める色は「黒」ということなんですよ!

つまり、「ブルーベリー」も目には良いと東洋医学的にも理解できるという事です。

 

 

 


 2017.1.20 更新 

 


 【公式サイト】足もみ(足つぼ)専門 足もみてっちゃん

名古屋市天白区 植田駅前 月曜休み 052-806-0237

植田駅前で17年 肩こり・腰痛・不眠など各種症状にお悩みの方一度お試しください。

ネット予約はこちらから